はじめの一歩  設計事務所・建設業者との打合
  せについて
 立地条件  建物全体について
 建物外部について  建物内部について
 電気・給排水・空調等の設備に
  ついて
 最後に
はじめの一歩
家の安全性は?
 家庭内事故は意外と多く発生します。それによる高齢者の死亡発生率は低く有りません。
 特に高齢者にとってお風呂は事故の起きやすい場所です。家庭内事故で、意外にも高齢者の溺死が多く報告されていることにも注目しましょう。お風呂場の手摺は後付けが難しいので先に付けましょう。
 お子様の階段・ベランダからの転落対策は、手摺や柵を付ける事で防げますが手摺縦棒の間隔が広すぎる場合も有るので注意が必要です。
 冷暖房・ガス器具を使っている部屋の換気は十分でしょうか?最近は高気密住宅が増え、省エネ化には役に立っていますが換気が十分でないと危険です。この際には換気扇より全熱交換機を使いましょう。
 靴擦りは足に引っ掛かることが有ります。段差を作る時は、ハッキリと分かるくらいの大きさにしましょう。3cmぐらいの高さは認識しにくい様です。