はじめの一歩  設計事務所・建設業者との打合
  せについて
 立地条件  建物全体について
 建物外部について  建物内部について
 電気・給排水・空調等の設備に
  ついて
 最後に
建物全体について
防災について
 ガス漏れ警報器は付けましょう。
 火災警報器は、今までは設置義務がありませんでしたが、現在では居室やキッチン等に設置義務ができました。既存の住宅に取り付ける場合は、ホームセンター等でも取り扱っているので個人でも設置できます。
 警備保証会社でも家庭用のサービスをしているので、心配な方は問い合わせてみましょう。
 外壁・屋根には不燃材料を使用しましょう。
 隣の家と接近し過ぎていると火事の延焼を受ける事にもなりかねません。なるべく離すようにしましょう。
 近くに崖がある場合、崩れていないか注意しましょう。以外と起こっている問題です。崖条例が有る地域も有ります。
 雨戸・面格子は極力付けましょう。出窓には付かない事が多いので、格子等を付けましょう。