はじめの一歩  設計事務所・建設業者との打合
  せについて
 立地条件  建物全体について
 建物外部について  建物内部について
 電気・給排水・空調等の設備に
  ついて
 最後に
最後に
資金は十分ですか?
 ほとんどの人は自己資金と融資の併用になるでしょう。返済額と今後の必要な資金をもう一度比べて考え直しましょう。お子さまに将来かかる費用も考えなくては成りません。
 また、諸経費(消費税・確認申請・印紙代・手続き手数料等)・家具・外構・冷暖房・照明・カーテン・引っ越し等家以外にも費用のかかる事もありますので注意しましょう。
 家は使っている内に補修が必要となります。状況に応じて壊れる部分も出てくるのです。マンションの様に補修用の積み立てをするのも良いでしょう。そうすれば家を長く綺麗に快適に使う事ができるでしょう。