ソフト名
家相Check!  ver 1.23 2014/03/26 update
ウイルス対策ソフトによる弊害 Visual Basicで作成したプログラムをウイルスと判別して隔離するように仕様が変わったものがあります。
** 対 処 **
ウイルス対策ソフトで、隔離したものを、元に戻す作業をして下さい。
ウイルスと感知しないように設定してして下さい。
推奨ウイルス対策ソフト ESET NOD32アンチウイルス(キヤノンITソリューションズ)
今まで使用していますが、他のウイルス対策ソフトのように削除されたことがありません。
Vectorで、取り扱っていますので、検索できます。
尚、作者のPC環境で良くても、ユーザー様のPC環境で良いとは限りませんので、注意が必要です。
必要OS Windows 98SE / Me / 2000 / Xp + VB6 (SP6)ランタイムモジュール
Windows Vista / 7(32・64)では、動作が遅くなるまたは使用不能になる場合あり
よって、個人の判断で使用して下さい。
シェアウェア
\10,800  本体価格+消費税
(シェアレジ及び銀行振り込み対応) 
  シェアレジ送金の注意
ダウンロード
プログラム
        ダウンロードする場合は、必ず
「保存」を選択する事
        右にある
「説明」を必ず参照する事
 1.初めてインストールされる方
  インストール途中、「OLEAUT32.DLLは、現在使用中
  のため・・」メッセージが現れたら、「無視」で進む
DLL付 説明
 2.既に必要なDLLをインストールされている方
  1.でインストール出来ない方
DLL無 説明
上記より、DOWNLOAD できない場合は、Vector からできます。
操作説明書
 ・操作説明書2018/04/01 (全て) (pdf)
紹  介
 一般の施主との打合せで、特に個人住宅の場合、家相により建物の設計をすることは、避けて通れない場合が多いようです。建築士が、地域環境・敷地形状・人の動線等を考慮して、図面を作成しても、家相により纏まりの無い間取りになることが頻繁に見受けられます。
 このような状況から、家相を診て貰う前に、ある程度の設計を試みたいものです。しかし、なかなか取っつきにくいのが現状です。まして、家相の中心を、建物の重心・棟の高い部分の中心・主人の部屋の中心・大黒柱から等のパターンがあるようで、簡単に判断できません。
 よって、家相の中心を科学的に素速く求め、真北を判定し、それにより24に分割し、その角度にどの用途が良い・悪いを即座に判断できるよう作成しました。与えられたDATAを元に判断しているだけで、その他の要因は全く加味していません。
 作者は、家相について、何も判らない者です。ですから、プログラム関連についてのご質問には、お答えしますが、家相の考え方等について、一切お答えはしませんので、ご了承下さい。
試用版と体験版の違い
1.試用期間内で有れば、全ての操作が有効です。
2.試用期間が終了すると、体験版になります。
3.試用期間または試用期限を過ぎると、体験版になります。新規のDATAの場合、各種の操作は出来ますが、各種計算・印刷及びDATA保存が出来ません。過去のDATAの場合、そのまま何もしなければ、各種計算及び印刷が出来ますが、1つでもDATAを変更すれば、新規DATAと同様な扱いになります。体験版は、それまで作成したDATAを読み込んだ状態ならば、結果の閲覧、印刷まで出来ます。その代わり、一寸でもDATAに手を加えると、結果、印刷等出来なくなります。
履  歴
Ver 1.23 ・内部修正
Ver 1.22h ・補助線の属性編集で不具合を修正しました。
・その他内部修正
Ver 1.22 ・補助線の属性編集を、床入力時で行えるようにしました。
・その他内部修正
Ver 1.21 ・印刷で、スプールしないで直接印刷が設定できるようにしました。
・その他内部修正
Ver 1.20 ・印刷で、部数を設定できるようにしました。
・その他内部修正
Ver 1.19 ・家相の中心で、任意点及び面中央点の表示が出来なくなっていましたので、修正しました。
・敷地の重心を作成できるよう、追加しました。DXFをバックデータとして読み込むか、座標データを読み込むか、どちらでも対応できます。
・その他内部修正
Ver 1.18 ・属性編集の「大きさ・長さ」を増減値で変更できるように追加しました。
・LAN上のフォルダにDATAを保存する場合、非常に時間が掛かっていましたので、修正しました。
・床入力時に表示されるグリッド寸法を、もう少し拡大しても表示出来るように追加しました。環境設定「グリッド・画面」「スケール表示」で、変更できます。
・その他内部修正
Ver 1.17 ・内部修正
Ver 1.16 ・Windows Vistaで、動作確認しました。特に支障ありません。
・ヘルプの仕様変更しました。
・DXFで出力したDATAを、一部のCADソフトで読み込んだ場合、文字化けしていたので、修正しました。
・その他内部修正
Ver 1.15 ・画面の上下左右移動ボタンを、追加しました。
・その他内部修正
Ver 1.14 ・「床及び壁の数値入力」の使いやすさを修正しました。入力した内容を保持して、次の操作をしやすくしています。
・床入力で、塗床を表示・非表示の切替を追加しました。「表示」「床入力時塗床表示」で可能です。他の床に覆われて確認できなかった床を発見でき、削除できます。
・その他内部修正
Ver 1.13 ・床入力時、部屋を入力している途中で、属性編集・削除等において、不具合が生じる場合があります。これは、入力した部屋と、今までのDATAが重なってしまうことにより、生じます。「部屋整理」を行うことにより、これらを解決します。これにより、一部の部屋が削除される場合があります。
・その他内部修正
Ver 1.12 ・各種属性編集で、オフセットを追加しました。現在表示されている場所からの移動距離を入れることにより変更されます。
・その他内部修正
Ver 1.11 ・Vectorクレジット決済で購入された方の、ユーザー登録方法を表示するように修正しました。
・その他内部修正
Ver 1.10 ・「室名一覧.DAT」を、直接編集できるように、追加しました。「編集」「室名リストの修正」より行えます。
・その他内部修正
Ver 1.09 ・上屋を考慮しない場合の、重心算定を修正しました。
・その他内部修正
Ver 1.08 ・床、壁の大きさ及び長さを、入力してから画面に配置する、数値入力を追加しました。
・その他内部修正
Ver 1.07 ・重心位置の算定で誤差が生じていましたので、修正しました。
・その他内部修正
Ver 1.06 ・一部の機種で、印刷メニュー選択欄が黒く表示される不具合が報告されましたので、修正しました。
・その他内部修正
Ver 1.05 ・インストールの一部変更
・その他内部修正
Ver 1.04 ・「バックデータ移動」を「データ2点移動」に変更修正しました。これにより、一般・バックを問わず、2点を指定して移動します。
・画面表示方法を「一般」「一般+バック」「バック」の3種類にしました。その時に応じて、表示を変えてください。
・その他内部修正
Ver 1.03 ・家相方位線を表示している時、その中心を各基点からの距離で表示します。
 「表示」「家相方位線中心の基点からの距離家相方位」
・家相方位線に掛かる良い所・悪い所の表示を、一般・詳細から選択できます。
 「表示」「家相該当部分の表示」
・家相方位線に掛かる良い所・悪い所の表示を、切り替えます。
 「表示」「家相表示の種類」
・印刷でも上記内容に対応した表示が出来ます。
・三角床で部屋名の設定を可能にしました。家相方位線に掛かった場合、感知されます。尚、部屋名は表示・印刷されません。
・四角床で、部屋名表示の切替を可能にしました。「属性編集」で、チェックを付けることにより可能です。
・その他内部修正
Ver 1.01 ・「壁Check!・U」「耐震Check!」のDATA読込可能に変更
・その他内部修正
Ver 1.00 ・初回公開版

戻る