ソフト名   建告第1460号仕口  ver 0.23  2003/05/30 update 
必要ソフト  EXCEL 97 or EXCEL 2000・2007・2010・2016 にて動作確認済
フリーウェア
ダウンロード
プログラム
        ダウンロードする場合は、必ず
「保存」を選択する事
 
 sgc_023.zip (0.64M)
上記より、DOWNLOAD できない場合は、Vector からできます。
紹  介 建設省告示第1460号に定められた木造の継手及び仕口の構造方法を算定し、告示表三に対応した符号を出力します。
「平成12年6月1日施行 改正建築基準法(2年目施行)の解説」
監修 建設省住宅局建築指導課
発行 新日本法規出版株式会社
の、P153に掲載された、算定式 N=A1×B1−L より算定します。

トラブルが発生しても、当方には責任はありませんので各自で処理をして下さい。

履  歴
Ver 0.23・平家建で壁を削除した後、壁を設けた場合、筋かいの種類が表示されない不具合を修正
Ver 0.22・シートをコピー削除を繰り返した場合、柱梁表示ボタンが使用不能になる不具合を修正
Ver 0.21・両端部柱のB・Lの数値を変更可能にしました。
 出隅柱か一般柱かを確認して、選択して下さい。
Ver 0.20・軸組の倍率表示で、「小数点以下を表示しない」になっていた為に、0.5等が4捨5入されて、1と表示される不具合を修正
 尚、その下の接合金物の計算では、正しい数値で計算を終了しているので、今までの金物で支障を来すことはありません。
Ver 0.19 ・接合金物の算定計算の見直しをしました。
・Aの補正値αについて
 「柱の両側に筋かいがある場合」の「片側たすき掛けもう一方が片筋かいの場合」で、
  片筋かいが柱頭に付く場合 α=0.5
  片筋かいが柱脚に付く場合 α=0(*)
 *:今まではα=0.5として計算していました。
 その他の場合は、変更していません。
・1階でL値の取り方を変更しました。
 この方法は、「壁Check」のみの考え方です。
 1階中柱 、2階中柱 の場合 L1=1.6−0.6=1.0
 1階出隅柱、2階出隅柱の場合 L1=1.0−0.4=0.6
 1階中柱 、2階出隅柱の場合 L1=1.6−0.4=1.2(*)
 *:今まではL1=1.0として計算していました。
 その他の場合は、変更していません。
Ver 0.18.1・「工事名」の名の印刷不良の修正
Ver 0.18・L1の数値の確定
・内部の計算式を大幅に変更していますので、バグがあるかもしれません。
Ver 0.17・一般のシートで、柱ズレを考慮しました。
・内部の計算式を大幅に変更していますので、バグがあるかもしれません。
Ver 0.16・柱・梁を部分的に非表示可能に修正
 計算する軸組に合わせる事により視認性を高めました。
注意事項
1.隅柱の算定は、端部だけとする。
非表示することにより、隅柱に見えても、端部でない限り中柱の計算をします。
2.1階に柱がない場合、2階に筋違いを設ける時は注意して下さい。
式通りの計算は出来ますが、施工可能かどうかの判断は使用者による。
3.一般のシートでは、柱ズレの検討はしていません。
4.内部の計算式を大幅に変更していますので、バグがあるかもしれません。
Ver 0.15・接合耐力の算出を追加
・上下階の柱ズレによる応力算定シートの追加
Ver 0.14・私の解釈がバグっていました。柱頭・柱脚で応力が違っていましたが、指摘を受け改善しました
Ver 0.13・2階建ての種類を増やしました
Ver 0.12・90×90筋違を使用した場合のバグ修正
Ver 0.11・入力できるスパン数を、増加しました。
・各種ボード類を、選択の仕様変更
Ver 0.10・各種ボード類を、選択できるように変更
Ver 0.09a・各シートの右肩に、ページ番号を入力できるようにしました。
 黄色になっていなくても、入力できます。
Ver 0.09・「平成12年6月1日施行 改正建築基準法(2年目施行)の解説」
  P155の正誤表による修正
・α(補正値)の修正
2.筋違いが両面から取り付く柱
a両側が片筋違いの場合
一方の筋違い 30*90 45*90 90*90
他方の筋違い
  30*90   1.0   1.0   2.5
  45*90   1.0   1.0   2.5
  90*90   2.5   2.5   4.0
・筋違いで、15×90及び鉄筋は、一切考慮していません。
・建告表三の掲載
Ver 0.08・入力方法の変更
Ver 0.07・筋違併用の場合の倍率追加 4.0
・補正値αの算定の仕方を修正
Ver 0.06・構造用合板の壁倍率の変更 5.0→2.5
・筋違併用の場合の倍率追加 4.5
・筋違併用の場合の倍率追加 5.0
Ver 0.05・2階建て1階部分建告表三のチェックの不具合の訂正
Ver 0.03・α(補正値)の修正
2.筋違いが両面から取り付く柱
a両側が片筋違いの場合
一方の筋違い 30*90 45*90 90*90
他方の筋違い
  30*90   1.0   1.0   2.5
  45*90   1.0   2.5   2.5
  90*90   2.5   2.5   4.0
Ver 0.03・α(補正値)の修正
2.筋違いが両面から取り付く柱
a両側が片筋違いの場合
一方の筋違い 30*90 45*90 90*90
他方の筋違い
  30*90   1.0   1.0   2.5
  45*90   1.0   2.5   2.5
  90*90   2.5   2.5   4.0
Ver 0.01・フリーウェア初回公開版
・α(補正値)の修正
2.筋違いが両面から取り付く柱
a両側が片筋違いの場合
一方の筋違い 30*90 45*90 90*90
他方の筋違い
  30*90   1.0   1.0   2.5
  45*90   1.0   2.5   4.0
  90*90   2.5   4.0   4.0

戻る